ひとりで生きるためにブログがお勧めの理由

OTHER 起業のこと

40代会社員「自分で稼ぐために動き出したいけど、何から始めたらいいんだろう?」

今日はそんな悩みにお答えします!

この記事を書いている私は、2013年に個人事業で開業し、2017年には株式会社も作りました。
今は2つを掛け持ちでやっています。

個人事業を始めた頃から、仕事のきっかけはすべてブログでした。
ブログを読んでくれた人からの問い合わせや依頼で、事業が動き出しました。
そんな私がお勧めするブログについて、なぜ仕事につながるのか、どうやって始めたらいいのか、分かりやすく解説します!

この記事の内容

とりあえず何か始めるならブログ

私が開業と同時にブログを始めたのは、毎日続けると成果が出るという先輩の言葉をうのみにしたのがキッカケです。
そこから愚直に、ひたすら1,157日間更新し続けました。
その結果、数ヶ月で仕事につながり、3年が過ぎる頃には、ブログの姿が見えて来ました。

まずは、ブログとは何なのか、続けるとなぜ成果が出るのか、お伝えします。

ブログとは

ブログというと、日記を書くことだと考える人も多いようです。
アメブロなどのブログサービスで、芸能人やインフルエンサーが、自分たちの日常を綴っているため、そんな誤解にもつながっているのでしょう。

ブログとは、WEBとLOG(記録)を合わせてBLOGとした造語です。
つまり、Web上(インターネット上)の記録のことをブログと言います。

日記ももちろん、ブログの1つの形ですが、インターネット上に公開する「記事」のことだと覚えておくといいでしょう。

芸能人やインフルエンサーは、もともとファンがいるため、何を書いても見てくれる人がたくさんいます。
そのため、簡単に日常の記録を記事にして公開することが多いのです。

私たち一般人は、日記を書いても誰からも読んでもらえません。
読んでもらえなければ、仕事につなげることもできません。

今後、ブログを仕事につなげようとか、まずは仕事につなげないまでも、たくさんの人に読んでもらいたいなら、役に立つ記事や面白い記事を書く必要があります。
この記事読んでみたい!と思えるものを書き、面白かった!ためになった!と思ってもらうことで、再度自分のブログを訪問してもらえます。

ブログで重要なのは、何度も訪問してもらい、読んでもらう状態を作ることです。
この状態が作れると、何かを売りたい時に、多くの人に見てもらえ、買ってもらえる可能性が出て来ます。

面白いものを書くのはなかなか難しいので、誰かの役に立つ情報を発信することを意識して記事を書くのがお勧めです!

アウトプットすると見えて来るもの

ブログを始めると、記事を仕上げることが想像以上に時間がかかると分かります。
役立つ記事を書こうと思うと、正確に書くために、色々と調べる必要が出て来ます。
また、分かりやすい言い回しで記事を書こうと思うと、何度も修正が必要になります。

例えば私自身、個人で開業し、会社も作ったのですが、その手順を記事にしようと思うと、それなりにまとめたり、調べたりする必要が出て来ます。
数年経ったことで、法律や制度が改正されていることもありますので、自分の経験をただ書くだけでは役立つ記事にならない場合もあります。
あらためて知識や情報をインプットし、その上でアウトプットすることになるので、1つの記事を書くだけで、自分自身の勉強になります。

この状況は、インプットだけでは出来ません。
アウトプットして公開するからこそ、しっかり調べ直し、正確な情報を伝えることが出来るのです。
それにより、自分自身の知識や情報がより豊かになり、そこから新しい発想や事業が生まれることもあります。

ブログは、仕事の依頼を運んで来てくれるだけでなく、仕事のアイデアも授けてくれる優秀なツールです。
これは、続けている人にしか分からない体験です。

発信できないと生き残れない理由

今やスマホを持たずに歩いている人は見かけなくなりました。
お店を調べるのも、世の中の動きを見るのも、多くの人がスマホを使って調べます。

それどころか、買い物も出来るし、ご飯も届けてくれる、映画もライブも観れるのが、スマホです。
私は日々、手のひらに収まるスマホとツールと一緒です。

そのスマホの中に自分を登場させるのが、ブログです。
誰かが何かを調べた時、自分のブログが表示される可能性があるのです。

例えば私が書いた起業の記事を誰かが見つけ、起業の相談や問い合わせをしてくる可能性もあります。
実際、私が開業した時、1年目の仕事はすべてブログからのお問い合せでした。
ブログで発信していれば、誰かが見つけてくれる時代です。
発信していないのは、むしろ買ってもらうチャンスを自ら捨てているようなものです。

SNSを使っている人は多いと思いますが、この人誰だろう?と興味を持たれた時に、人は名前で検索します。
匿名でSNSをやっているなら、そのチャンスもなくしています。
名前で検索されると、自分のブログが表示されます。
そこでブログを読んでもらい、ビジネスにつながる場合もあります。

スマホが多くの人の情報源となっている今、発信をしないと、ビジネスでは生き残れないでしょう。

せっかくならWordPressを使いたい

さて、せっかくブログを始めるなら、お勧めなのがWordPressです。
アメブロなどのブログサービスは手軽ですが、しょせん人の土地を耕しているようなもの。
WordPressは、自分の土地を所有し、記事を増やすことで自分の土地を耕していけるので、資産形成と考えると圧倒的にお勧めです。

WordPressとは

WordPressは、ブログを書くためのアプリと考えると分かりやすと思います。
正確には、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の1つで、Web制作の知識がなくてもブログを制作し、管理、更新できるシステムのことです。

WordPressを使うためには、〇〇.comなどのドメインを取得し、サーバーをレンタルする必要があるので、そこだけちょっと面倒に感じるかもしれません。
この作業をすることで、自分の土地を手に入れ、自分のブログを作成することが出来ます。
その後の使い方などは、アメブロなどの無料ブログと変わりませんし、むしろカスタマイズ(自分の好きな形にすること)は、自由自在です。

WordPressは、世界でも日本でもCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)のシェアナンバー1です。
ブログだけでなく、ホームページとして扱われることも多く、大手企業のホームページも、WordPressで制作されているものもあります。

また、現在、インターネット上の検索順位を決めているGoogleからも信頼されていて、WordPressで制作されたブログやホームページは、検索上位に上がりやすいというメリットもあります。
せっかく自分のブログを始めるなら、WordPressで作るといいでしょう。

「お名前.com」なら、ドメインとサーバーレンタル、WordPressのインストールが一緒にできます。
>>お名前.com

サーバーとして評判の良いエックスサーバーでも、ドメインとサーバー取得、WordPressインストールがスムーズにできます。
>>エックスドメイン
>>エックスサーバー

WordPressでブログは作る方法は、別の記事でお伝えします。
ぜひ、そちらもご覧ください!

まとめ:何かを始めるならWordPressでブログを作ろう

今回は、起業を見据えて何かを始めたい人に、ブログがお勧めの理由をお伝えしました。
ポイントをまとめると、次の通りです。

  • ブログはインプットとアウトプットの機会になり、自分自身の知識や情報が増える
  • ブログで発信することで、自分を知ってもらえる場ができる
  • WordPressで自分の土地を耕し、資産となるブログを作ろう

ブログの良いところは、ずっとインターネット上に残ることです。
今は誰にも読んでもらえなくても、少しずつ読者が増えることで、過去記事も遡って読んでもらえます。

自分の声で伝えるのには限界がありますが、ブログ記事なら、一度にたくさんの人に24時間伝え続けることが可能です。
いつか起業したい、何かビジネスをやってみたいと考えているなら、ブログを作らない選択はありませんね!