45歳からの起業ノート

起業のこと

こんにちは!かみやまです。
ひとりで自由に生きることをテーマに、白チワワのハッチと暮らしています。

40代、50代になって、ひとりで自由に生きたいなーと考える人は多いはずです。
私は40歳直前に、私の人生、このままでいいの?と考えたことがきっかけで、今のようなひとり暮らしにたどり着きました。

40代で会社を辞めて独立し、その後、会社も作りました。
大変だったけど、思い切って独立して、本当によかったと思っています。
自由にどんどん近づいていますし、ストレスが大幅に減りました!

そこで、40歳を超えてからの起業について、自分の経験も含め、お勧めの手順をまとめてみます。

  • 40代になり、これからの生き方を考えている人
  • リストラの波を機に、独立を考えている人
  • 引きこもりながら生きて行きたい人
  • ひとりで稼げる力をつけたい人

そんなみなさんの背中を押せたらいいなと思います。

この記事の内容<順次更新中>

 

40代で起業する手順+私の経験談

ひとり起業とは、ひとりでビジネスを始めることです。
個人で事業を立ち上げる、個人事業のことです。

独立、開業、起業すると、ひとりでも経営者になります。
自分で事業をするのですから、経営やビジネスについて学ぶ必要があります。

と言っても、走りながらでも大丈夫です。
私も何も知らずに開業しました。
実践を積みながら、荒波に揉まれながら、ビジネススキルを磨いて行きましょう。

ここでは、ひとり起業を始める手順と私の体験談を紹介します。

「何をしたいか」よりも「何ができるか」を考える

最初に決めたいのは、事業の内容です。
この時にやりがちなのが、次のような考え方です。

  • 前からカフェをやってみたかったから、いくらかかるか調べよう
  • ITがいいと聞いたから、プログラミングを勉強しようかな
  • アフィリエイトやYouTubeで稼いでみたい

多くの人が考えそうなことなので、最初に言っておきますね。
「流行りそう」
「生き残れそう」
「稼げそう」で決めると、うまく行かないことが多いです。

なぜならこの3つは、人によるからです。

同じことをしても、人によって流行りますし、生き残りますし、稼げます。
人が変わると、流行らないし、生き残れないし、稼げません。
思い当たることはありませんか?
世の中のルールは、人によって変わることが多いですよね。

だから、この先に良いことがありそうだからと、それに飛びつくのはやめた方がいいでしょう。
思い通りにならないことも多く、挫折が待っています。

では、どんな考え方が正解なのか。
次のような考えなら、すぐに行動して大丈夫です!

  • バリスタとして働いているお店を譲り受ける話をもらったから、思い切ってやってみようかな
  • ITの世界ですでに信頼を得ているから、そろそろフリーランスとして独立しようかな
  • 2年続けているブログのPVが1万を超えたので、アドセンス広告を入れてみようかな

「ちょっと待ってよ。
そんな流れがあったら、こんなブログ読まずに行動してるよ!」
そんな風に思った人もいるはずです。

そうなんです。
うまく行く環境が整っていれば、悩んだりしませんよね。
そして、このブログにもたどり着かなかったはずです。

だけど、環境を手に入れてから起業する人もいて、スイスイうまく行っていたりします。
私の周りにいますよ、こういう準備万端で起業した人たち。
起業してから、一度も赤字になったことがない人たち。
すぐに軌道に乗せる人たちは、こういう人なんだということ、ここで知っておいてください。

そして起業する人の多くが、夢を見て、今の環境から抜け出したくて、何とかなる!という気持ちで始めます。
厳しい現実が待っているのも、仕方ないことですね。

実は私も、起業してから厳しい現実に直面したひとりです。

だからこそ、夢見て起業し、挫折して、赤字も経験して、公庫でお金を借りたこともある私が、環境が整っていなくても軌道に乗せて自由に生きるまでの手順をお伝えできると思います!
大丈夫!0からでも、3年頑張れば、年商1,000万くらいは目指せます!!

あなたが「できること」は何ですか?

いますぐ書き出してほしいことがあります。
それは、あなたが「できること」です。
それは、お金になりそうでも、ならなそうでも、どちらでも構いません。
こんなのビジネスにならないなんて、決めつけないでくださいね。

お掃除が得意とか、料理が得意とか、家事に関係することでも構いません。
洋服を選ぶのが得意とか、自分のお金をしっかり管理している、などでもいいです。
今はしていないけど、子供の頃に得意だったことでもいいです。
書き出せるだけ書き出してください。

あなたの事業のヒントは、その中にあります。

まずはあなたが「できること」をすべて書き出し、それを眺めてください。
あなたが好きなことや得意なことを思い出してください。
その中で、続いていること、続きそうなことをピックアップしてみましょう。

自分が何ができるか分からない場合は

自分が「できること」が何なのか、考えても分からない人もいるでしょう。
これまで自分を優先して来なかった人は、自分の気持ちを抑える癖がついているかもしれません。

そんな時は、自分を見つめ直す練習として、次の本がお勧めです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

この本には、自分の才能が分かるストレングスファインダーというテストを受けるIDが付いています。
ネット上で質問に答えて行くと、自分の才能のタイプが分かり、方向性が見つけやすくなります。

また、自分が持つ才能の説明やエピソードについて、本書の中で読むことができます。
私も開業前にチャレンジし、思った通りのところと以外な一面を見つけることができ、その後の行動に活かせました。

誰を助けたいかでターゲットを決める

一度でも起業やマーケティングに関する本を読んだことがあれば、「ターゲットを絞ろう!」という言葉を目にしたはずです。
どんな人をターゲットにするか決めて事業を始めた方が、誰かに響くビジネスができあがります。

例えばこのブログは、起業するすべての人に必要な情報を発信していますが、あえて40代からの起業とターゲットを絞っています。
それは、私自身が40代で起業し、その経験を交えながら書いているため、同じような立場の人に届いてほしいと思っているからです。
その方が、私自身の体験をより生かしてもらえますし、40代、50代の人に響くと思います。

誰でもいいから聞いてください!では、誰も振り向いてくれません。
ターゲットを絞ることで、何人かが振り向いてくれる。
この状態を作ることが大切です。

起業にはきっかけがあるはずですし、想いがあるはずです。
どんな未来を望んでいるのか、具体的にイメージした上で、助けたい人(ターゲット)を決めてください。
過去の自分でもいいと思います。
過去の自分は、どんなサービスがあれば助かったと思いますか?
ビジネスのヒントは、過去の自分が持っているかもしれません。

<重要>マネタイズを考えよう

起業しても、なぜ多くの人が失敗するのか。
それは、経費以上にお金が稼げないからです。

商品・サービスを作り、お金に変えて行くしくみをマネタイズと言いますが、このしくみ作りがとても重要です。

例えば100円の商品を作ったら、その100円をどうやってもらうのか、考える必要があります。
ネットで売るなら、販売サイトを作るのか、Amazonや楽天などのサービスを使うのか、売り方によってお金が入る流れも違いますし、手数料も変わって来ます。
自分のサイトで売るなら、サイト作成も必要ですし、決済方法も考える必要があります。
100円の商品を売るために、大きな経費がかかることが、進めて行くうちに分かって来るはずです。

売上から経費を引いたものが利益ですが、赤字覚悟で行くなら、それなりの資金も必要になります。
起業が失敗する一番の理由は、お金です。
最初はできるだけ経費をかけず、ある程度の資金は準備して、売上が定期的に入る流れを作って行きましょう。

事業内容が決まったら、いよいよ起業!

事業を始める時、大きく2つの形に分けられるでしょう。

  1. 個人事業で始める
  2. 会社・法人を作って始める

私がお勧めするのは、まずは個人事業で始めて、ある程度売上が伸びて来たら会社を作ることです。
個人事業と会社・法人の違いについては、次の「起業の基礎知識」でお伝えします。

 

40代が知っておきたい「起業の基礎知識」

起業はいきなり走り出してもいいですが、40代の起業の場合、ある程度「基礎知識」があった方がいいでしょう。
10代、20代なら、周りも優しく教えてくれますし、ミスも見逃してくれるでしょうが、40代となると、そうもいかない場合もあります。

ここでは、起業の基礎知識を押さえておきましょう。

個人事業で起業

ひとりで起業する一番簡単な方法は、個人事業だと思います。
この場合、税務署に開業届を出せば、ほぼほぼ手続きは完了です。

開業時の開業届、一緒に提出しておきたい青色申告承認申請書、日々の帳簿について、次の記事にまとめました。
関連記事:個人事業と会社、どちらが得なのか?

資格起業というスタイル

私の開業のキッカケは、行政書士試験に合格したことです。
独立できる資格として、行政書士は簡単ではないけど、お勧めです。
40代、50代から可能な起業として、資格起業を選択肢に入れておくといいでしょう。
関連記事:手堅く軌道に乗せたいなら「資格起業」がお勧めな理由
関連記事:資格起業として行政書士を勧める3つの理由

<今後書いて行くこと>
借入れ
補助金

会社・法人を作る

ひとり会社の設立は、そんなに難しくありません。
ここでは手続きについてまとめていきます。

<今後書いて行くこと>
会社設立手続き
帳簿
ホームページ
税金のこと

 

起業が頭に浮かんだあなたが幸運過ぎる理由

起業というと、特別なことのように思われがちですが、ここから先、自分で稼ぐ力はますます必要になるでしょう。
今の段階で「起業してみようかな?」と頭に浮かんだあなたは、それだけで幸運です。
なぜなら、世の中が急速に変化する中で、多くの仕事がなくなり、雇用が不安定になることが予測できるからです。

今回の新型コロナウイルスの影響で、雇用状況は悪化するでしょう。
一日も早く、自分で稼ぐ力を手に入れることが、不安から逃げ出すことにつながるはずです。
「どうやったら自分で稼げるんだろう?」
そう考え始めることが、起業の第一歩です。
世の中がどんな状況になっても、それに応じて行動できる準備をして行きたいですね!

ひとりで自由に生きる上で、稼ぐ力は重要です。
実体験を含め、少しずつまとめていきます!!

<続く>